読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こういうのええよな!

何かにはまることは多々あれど、にわかの域を出ない。そんな奴のブログ。

人生初サーキット

こんにちは、まいたけです。

先日、知人に誘われてサーキットに行くことになりました。
さ、サーキットってあれか、スポーツカーが全力で走って時々事故るあれだよな…
今回は既に走行の申込が終わっていたので、見学をだけすることになった。
仮に申し込めてても絶対に事故る自信があったしな!
ということで、人生経験のひとつとしてサーキットに赴くこととなった。

で、当日。
知人が車で迎えに来てくれ、サーキットへ向かう。
予想はしてたけど、サーキットって割と辺鄙なところにあるのな!
まあ都会だと土地の確保とか難しいよなあ…とか思いながら助手席に座ること数時間で到着。
サーキットって入るだけで入場料取るのか…観るのはタダだと思ってたわ…
で、入ってみると既にちらほら車が停まっている。

…うおおおおおお!!!!

あれGT-Rやん!うっわしかも35かよ金持ちか
86トレノもおるぞおおお初めて生で見た…!
FDかっけえええええええ
テンションめっちゃあがるやん!!
イニシャルD好きな人間にはたまらん環境やなこれ…
車ってなんでこんなに魅力的なんやろなあ…

とか考えながら自動車を眺めていたら時間があっという間に過ぎていく。
オーナーの皆様、めっちゃ車眺めまくっててごめんな!不審者ではないよ!
走行会の前にはドライバーズミーティングという説明会?があるらしく、そこでルールなどを詳しく教えてくれるらしい。
その間は暇だったので、出店のたこ焼きを頬張る。
ああいうところで食べるごはんってなんか美味しいよね。
そんなこんなで走行会が開始…したのだが、ここでまさかの



大 雨 



さっきまでなかなか晴れてたよな!?
これはあかん、素人の自分でも分かる、雨はやばい。
サーキットってタダでさえスピンがつきものなのに、プラスウェットの路面って普通にやばいよな?
という考えをよそに、ほとんどの車は出発していく。
まあわかるよ、高い参加費払ってるし、ポジティブに考えれば悪路走行の練習になるもんな!
…ほんまか?

そんな不安の中、最初は長いストレートを見学する。
一言で感想を言うと、まさに「感動」。
轟くエンジン音、初めて生で見たバックファイヤ、同じ車種なのに悠々と追い越す性能差。
動画で観ても正直よくわからんというか現実味が無かったが、生で観るってやっぱり大事やな。
もうアドレナリンどっばどば。
いつか自分も走ってみたいなあ…!

そんな中、無事に1レース目が終わり、幸いにも晴れ間が見えてきた。
これは2レース目からいい感じのコンディションで走れるのでは??
皆さん少しずつテンションも高まっているようだし、こっちまで楽しくなってきた!
上手い人のクリップポイントを見ると勉強になるよという助言を頂いたので、2レース目はコーナーが見えるポイントへ移動。
まだ微妙に路面も濡れているのもあり、不安な気持ちでコーナー見学。
というかそもそも上手い人と下手な人の見分けとかつくのか?
見学してみると、上手い人は分かったような気がした。
コーナリングの滑らかさというか、安定感というか。
この車の助手席だったら乗ってみたいという気持ちになる。
反対に、めっちゃ膨らんでコーナー抜けたりふらついている車は絶対乗りたくねぇなあ…という感じ。
だからこそ、皆うまく走れるようになりたくて来てるんだろうなあ。
自分も一度走ってみたい!と再認識。



ここまではよかってん。
コーナーをしばらく見学したあと、再度ストレートの方に向かおうと背を向けて歩き出した時、

が ち ゃ ーーーー ん

みたいな、明らかにぶつかりました的な音が。
正直音は詳しく覚えていないが、この音はやっちゃったな、というのは素人でも分かった。
すぐにコーナーに戻ると、一台スピンしたのか後ろを向いて壁に突っ込んでいた。
この瞬間を見ずに済んだのは幸いだったかもしれない。
絶対その瞬間叫んでた自信あるもん。うわああああああ、みたいに。
それに、車も一見そこまで大きな被害は無く、周りも慣れている様子。
サーキットではスピンやクラッシュは日常茶飯事なんだろう。
恐ろしい世界やで…走ってみたいと思っていたが、ここでちょっとビビる。

2レース目も終盤、路面がほとんど乾いてきた。
フラッグが振られるとラストという合図らしく、車が続々と戻ってくる。
だがしかし、知人の車が戻ってこない。
なんか…凄く嫌な予感がするんじゃが…?
情報によると、一台クラッシュした車があるらしい。もうこれアカンやつ。
皆で心配しながら数十分、レッカーと共に車が一台運ばれてくる。
全員一目で察した。

は い 全 損。

ボンネット部分何も残っていないレベル。
幸い知人に怪我は無かった。ほんと良かったよ。
残念ながらガードレール等は弁償することになるらしい。
経験者でもこんな事故に遭うのだ、ド素人の自分が果たして無事で済むのだろうか…。


そんなこんなで人生初のサーキットは身体的には無事に終了。
その楽しさは勿論、難しさやリスクも肌身で感じることが出来た。
もう少し今の車の運転に慣れたら、是非参加してみようと思う!


教訓:4点シートベルトは超絶有能

初投稿

はじめまして、まいたけです。

昨年末に仕事を辞め、現在ニート
貯金も多少はあったので、少しゆっくりしてから仕事探すかぁ~と思いながら早4ヶ月。

短期間だが、ニートを初体験して分かったことがいくつかある。

1、最初の2ヶ月くらいは最高に楽しい

朝早く起きて出勤しなくていい!サビ残も必要ねえ!
パワハラからも解放された!そして何より一日中寝られる!!
ひゃっほおおおおおおおおおうう!!!!

的な感じでとにかく凄まじい解放感に包まれた。

疎遠になっていた友人と久しぶりにゆっくり遊んだり、ログイン勢だったスマホゲーに復帰できたり、それはもう幸せを噛み締めていた。


2、ちょっとずつ違和感が出てくる

3月に入ってから、自分の体に変化が出てきた。
夜、就寝しようとベッドに入るが、眠れないのだ。
色々あって健康には気を付けようと思っていたから規則正しく22時に消灯するも、眠気が全く襲って来ない。
そう、体が疲れていなさすぎて、寝ようとしてくれなかったのだ。

これはまずい…。

そう思って日中は積極的に外出したり、徹夜で体内時計をリセットしようと試みたが、なかなかうまく行かなかった。

もうひとつはやはり金銭的な不安。
まだもう少しは持つだろうが、もし次の仕事が全然決まらなかったら…?
そんなことを考え出すと、少し前までの解放感が少しずつ澱んでくる。

仕事なんてせずに楽しく生きられたらいいのに…と今まで思っていたが、自分の人生においては、適度なストレスと収入源として仕事やはり大事なものだと気付かされた。
かといって、前職に戻る気とかは全く無いけど。


3、職探し

やっぱりどうしてもここに行き着く。
どうせ仕事決まったらまたニートが恋しくなるに違いない、と思いつつ、転職サイトを眺めだす。
適度なストレスと収入源、これらを得るための他に、実はもうひとつ、仕事がしたいと思う決定的な理由があった。



それは



 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
< さ み し い >
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨





…仕事をしてた時って、良いか悪いかは別として、お客さんと関わったり社内の交流だったり、毎日たくさんの人と関わっていたんだなぁ…と実感した訳です。
加えて、あんまりリアルでは話せない自分の趣味の話を吐き出す場所が欲しかった。


長くなったけど、そんな訳で、誰かとちょっとでも関わりたいなあ…という思いでブログをやってみようと思った次第でございます。
良かったら時々見てってね!